植物ホルモン関連の転写因子の機能解析
(嶋田・中村)

    植物は遺伝子の発現制御によって形態をコントロールしていますが、植物ホルモンが細胞に受容されるとホルモンに応じたグループの遺伝子発現が誘導されると考えられています。

転写因子

 

シロイヌナズナ

オーキシン阻害剤によって発現が誘導される転写因子を過剰発現させた組み換え体と、遺伝子組み換えでないシロイヌナズナを、それぞれオーキシンありとなしの状態で生育させました。遺伝子組み換え株はオーキシンに対して感受性が低く、オーキシンの作用に関わる遺伝子の発現を抑制していると考えられます。

 

【研究紹介】